美容皮膚科の医師の求人について

将来医師になって美容皮膚科で仕事がしてみたいと思うように

将来医師になって美容皮膚科で仕事がしてみたいと思うように地元の美容皮膚科で尊敬できる医師との出会い体調管理も医師の仕事、責任を持って仕事しています

サーフィンが大好きなので、海に行ってサーフィンを楽しむことがよくありました。
夏の間は、毎日のようにサーフィンをしに行っていたのです。
外は天気が良いので、日焼けをすることがたくさんありました。
冬の間は、海外に行ってサーフィンを楽しむことも少なくありませんでした。
夏の季節にサーフィンをすることは、とても楽しいのですが、日焼けに悩まされるのがとても悩みでした。
日焼けを最小限にするためにも、日焼け止めを毎日塗っていました。
しかし、あまり効果を感じられなかったので、かなり日焼けすることもあったのです。
ある日、肌の調子が悪かったので、美容皮膚科に行ってみることにしました。
医師に相談をしてみると、かなりお肌の皮膚が弱っていると診断されました。
お肌の皮膚が衰えていくことは嫌だったので、治療に専念することにしました。
美容皮膚科に通ったおかげで、お肌をきれいにすることができました。
それ以来もサーフィンをしたいと思っていたのですが、お肌の調子をきれいに保ちたいと思っていたので、サーフィンをする回数を大幅に減らすことにしました。
そのため、今でもきれいなお肌を保つことができています。
美容皮膚科でお肌をきれいにしてもらったので、将来、医師になって美容皮膚科で仕事がしてみたいと思うようになりました。
あまり将来の夢が定まっていなかったので、良い夢を見つけられたことはとても光栄でした。

皮膚科から美容皮膚科への転職をした医師の経緯と求人の探し方

皮膚科への勤務を決めたのは将来的には開業したいと考えていたからであり、比較的症状の軽い患者を扱っている限りは楽な仕事だろうというのが魂胆にありました。
医師になりたいと決断したときには重症の患者を治療したいという気持ちを持っていたからですが、学生のときに実習で病院にいって現場を目の当たりにすると、
なかなか力になれなくて苦労しているケースの方が圧倒的に多いという状況でした。
その中で働き続けるのは厳しいと考えて、クリニックの需要がそれなりにある皮膚科が妥当な線だと考えるようになりました。

しかし、実際には病院勤務を経て転職を考えたときには美容皮膚科を選びました。
患者の対応をするというところから抜け出た方が自分に合っていると思ったからです。
より良い肌を目指したいという人が集まるのが美容皮膚科の特徴であり、深刻な状況の皮膚の人もいますが保険の枠に縛られずに様々な手術ができます。
その魅力に駆られて美容皮膚科を目指すことにしました。

求人を探すときに利用したのは美容クリニック専門のエージェントでした。
とりあえず自分が想定しているような現場があるのかというのが疑問だったので、専門のエージェントに相談してみたいと考えたのです。
その最初のサービスが優れていたので最後までこのエージェントを頼りにして転職しようと決意できました。
偶然の影響もあったのですが、初めて相談した二週間後に美容クリニックの見学会が予定されていて、実際に有名なクリニックの現場を見せてもらうことができたのです。
また、その月末には美容クリニックで働いている他の医師との懇親会が予定されていました。
それらに参加してみれば実情がよくわかるだろうという話を受けて、実際に参加してみたのです。
スケジュール的にも休みにできる日に見学会も懇親会もあったのも助かった点でした。

そこで確かに自分が想定しているような現場があるとわかりました。
気にかかったのは営業力が自分にはあるかという点でしたが、それだけは現場で身につけていくという気持ちで転職を決意したのです。
自分の担当になってくれたキャリアアドバイザーいわく、経歴的にはすぐにでも受け入れてくれるクリニックが見つかる可能性があるとのことだったので、早速求人に応募していくことにしました。
常勤で働きたいという以外には特別に希望はなかったのですが、近隣で働ければなお良いと告げるとそれに該当するものから順次紹介してもらうことができました。

ただ、二度応募しても採用してもらうことができなかったので少し悩むようにもなりました。
エージェントを利用しても採用されないとなると自分に原因があるだろうと思うようになったのです。
そのことを相談してみると、キャリアアップのためにセミナーに参加することを勧められました。
医療セミナーに参加して少し手技を身につければそれをアピールポイントにすることができるというアドバイスをもらったのです。
直近で参加できるのが二ヶ月後だったので、それに申し込みをしておきながら、また紹介してくれた求人に応募するという形で転職活動を進めていきました。

結局はそのセミナーには採用通知をもらってから参加することになりました。
少し遠いクリニックだったのですが、美容皮膚科の勤務医として採用してもらえることになったのです。
ただ、条件としてそのセミナーに参加することが求められました。
偶然だったのかエージェントの画策かはわかりませんが、そのクリニック出身の医師が行うセミナーだったからです。
このような経緯を経て、エージェントの力で皮膚科の病院勤務から美容皮膚科のクリニックへの転職を実現することができました。